水素活用促進へ協議会 トヨタや三井住友FG、技術開発で連携

日本経済新聞(2020/10/14)より転載

トヨタ自動車三井住友フィナンシャルグループ(FG)などが水素の活用の促進に向けた協議会を年内にも立ち上げる。需要拡大や生産コストの低減をめざし、技術開発や資金支援で連携する。水素は使用時に二酸化炭素(CO2)を排出しない。世界的な脱炭素化の流れに合わせ、日本が強みを持つ水素技術の競争力強化につなげる。

新たに設けるのは「水素バリューチェーン推進協議会」。トヨタ、三井住友FGのほか岩谷産業が事務局となり、企業や団体、地方自治体に参加を呼びかける。