太陽熱で効率40%の水素製造を実現へ、製造プロセスの大幅な省エネに成功

スマートジャパン(2020/04/24)より転載

量子科学技術研究開発機構(量研)、芝浦工業大学、日本原子力研究開発機構は2020年4月、従来比70%減という熱化学水素製造プロセスの主反応の大幅な省エネルギー化に成功したと発表した。これにより、技術的成立性の指標となる水素製造効率40%の達成に見通しがついたという。

今後研究チームは技術の実用化を目指し、プロジェクトで確立した各要素技術を統合して、小規模な水素製造試験を実施する予定。太陽熱駆動ISプロセスの技術を確立できれば、大量の水素を製造して燃料電池車や家庭用燃料電池への供給が可能になり、「水素社会」構築への大きな貢献が期待されるとしている。