哲学分子・水素が難病と老化を克服する~水素の医療利用が未来の医療を変革する提言が採択される〜

PR TIMES(2020/03/17)より転載

MiZ株式会社(佐藤文武代表取締役)は慶應義塾大学環境情報学部(武藤佳恭教授)との共同研究として、現代医療は大きく発展したものの、21世紀に入りその限界が見えてきたので、この現状を解決し難病や老化を克服する物質は水素であるとの提言を論文発表しました。

老化や病気の原因は酸化であり、その原因となるのは最も酸化力の強い活性酸素で「悪玉活性酸素」と呼ばれるヒドロキシルラジカル(注1)です。

そして、この「悪玉活性酸素」の大部分は細胞内のエネルギー生産工場であるミトコンドリア(注2)で生成されています。

そこで、この提言で著者らは、ミトコンドリアの内部に素早く到達することと、ヒドロキシルラジカルを効率的に消去することの両者の機能を持つのは水素だけであるので、水素は老化や病気の根源に働いてその原因を除去することができるとの仮説を提示しました。

水素は既存治療との併用または単独使用により、現代医療が抱えている様々な問題を解決する可能性があります。

本提言は、2020年3月14日(欧州時間)オランダを拠点とする医療ガスに関する科学誌「Medical Gas Research」のオンライン版に掲載されました。


[用語解説]

(注 1)ヒドロキシルラジカル:活性酸素種の中で最も酸化力が強く、蛋白、脂質、核酸(DNA)などのあらゆる物質と反応し酸化します。その反応性の高さから通常の環境下では障害を与えた後で長時間存在せず、速やかに消失します。

(注 2)ミトコンドリア:真核生物(細胞内に核膜を持ち核と細胞質が区分されている生物)の細胞内に存在する小器官です。二重の生体膜から構成され、独自のDNA(ミトコンドリアDNA)を持ち、分裂と増殖を行います。ミトコンドリアDNAはATP合成以外の生命現象にも関与する他、酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られています。